占術

ホロスコープの勉強方法、独学で星読みができる攻略ステップ

ブログアイキャッチ画像「ホロスコープの勉強方法」

「ホロスコープを勉強してみたい」

「独学でなんとかなるの?」

占星術が気になるあなたのために、この記事を書きました。

占術のなかでもホロスコープはダントツの人気。

星をあつかい神秘的できれいなので、興味をもつ人も多いです。

でも覚えることが多くて、難易度は結構高い。

深みにはまると何年も勉強できるので「占いの沼」とも呼ばれています。

独学でも可能ですが、最初はどこから手をつければいいのか悩みますよね。

この記事では、ホロスコープの勉強の仕方、コツ、おすすめの本を紹介します。

お読みいただければ、効率よくホロスコープ勉強法を攻略できますよ。

きんまん
きんまん
学べば魅力的な星読みの世界へ、迷わないようご案内します
プロフィール

きんまん@経営者/占い師/投資家

・東京銀座に店舗を構え、年売上3,000万円以上
・元々は時給800円のブラックバイト▶︎副業占いの開拓者へ
・たった3ヶ月でココナラトップランクの占い師に
・200名以上の占い師を教えるスクールを運営

占いをあなたの副業にする! ノウハウが満載の無料のメルマガ講座はコチラ

ホロスコープの勉強の仕方

ホロスコープを独学する方法を、いくつかのステップに分けて紹介します。

無料講座や占星術サイトを活用する

まずは、無料の動画をみて学ぶのがおすすめです。

いきなり分厚い本を買ってしまうと、情報量の多さに挫折する可能性大!

動画は初心者向けのものが多いので、サクッと見れそうなもので基本的なことを学んでください。

サイトによっては、無料のワークシートを配布しているところもあります。

作成したホロスコープを元に穴埋めをしていくと鑑定できるといったもの。

実際に、手を動かして占星術がどんなものか体感してみましょう。

自分のホロスコープを見る

ホロスコープの知識だけでは、占いは上達しません。

知識として本やブログを読むのもいいけど、やるべきは星を読むことです。

ある程度理解したら、実践にうつしましょう。

はじめは自分のホロスコープを見て、色々な鑑定方法を試してみてください。

自分の鑑定はみずからの過去や生い立ちと比較できるので、理解も進みます。

自分の特徴や性格と照らし合わせて、上手く読めているのか確認もしやすいです。

家族や友人のホロスコープを試す

少し慣れたら、身近な人のホロスコープをどんどん見ていきましょう。

占星術は組み合わせのパターンを理解して、深くリーディングする力が必要です。

星の位置はひとり一人違うので、「その人の特徴はどこか」「メッセージはなにか」を考えながら読んでいきます。

鑑定する人から質問や疑問点もどんどん投げかけてもらって、対応できるよう練習しておくと力がつきますよ。

毎日星読みする

現在の星の位置をあらわすチャートを日々見て、どう読んだか記録しましょう。

長文じゃなくても良いです。

X(旧Twitter)の140字に収まる感じでOK。

文字の量よりも毎日継続することが大事です。

文字に残しておくと、言語化が上手くなります。

表現のはばも広がるので、ぜひやってほしい。

1週間後に見直して、分析したりブラッシュアップしたりすると、より感覚を磨けます。

きんまん
きんまん
日々の積みかさねが大事ですよ!

他の占術から始める

ホロスコープは脱落者も多く、ぶっちゃけ1番最初に学ぶ占術としておすすめしません。

はじめての人は避けた方が良い。

難しすぎて占いが嫌いになったり、離れてしまうのはもったいないので、他の占術から始めるのもアリだと僕は考えています。

初心者なら、タロットカード・オラクルカード・ルノルマンからやってみるのが良いです。

同じ西洋発祥の占いなのでつながりがあり、読みのパターンはホロスコープに活用できますよ。

きんまん
きんまん
ホロスコープは2番目3番目の占術として学ぶのがスムーズです
「タロット占い師になるには?」ブログアイキャッチ画像
タロット占い師になるには?幸せに活躍するためのスキルアップと学び方「タロットカードを使って、本格的な占いをやってみたい」 「タロットが好きなので、副業で活かしてみたい」 「私でも、プロの占い師になれ...
「オラクルカード占い師になるには?」ブログアイキャッチ画像
オラクルカード占い師になるには?初心者むけ仕事の取り方やスキルアップのコツオラクルカードは初心者にも優しく、占い師になりたい人に最適です。オラクルカードの占い師になるために必要なこと、タロットとの違い、占い師になる際のポイントを解説。自分に向いているか、注意すべき点、他の占術との組み合わせも分かります。 ...

ホロスコープの独学におすすめの本

ホロスコープの勉強に、本選びはとても大事です。

ネットの情報もいいけれど、しっかりと監修されている情報を取り入れるのも重要です。

ここでは、ホロスコープ初心者がぜひ読んで欲しい3冊を紹介します。

鏡リュウジ「鏡リュウジの占星術の教科書I」

占星術では、超有名な鏡リュウジさんの本です。

この本は基礎の基礎から始まっていて「ホロスコープって?」という素朴な疑問の解説からスタートします。

サブタイトルは「自分を知る編」なので、自分のホロスコープの読みをメインに書かれていて分かりやすい。

ワークシートつきで実際に手を動かしながら理解を進められます。

初心者向けですが情報が詰まっているバランスの取れた一冊です。

まついなつき「しあわせ占星術」

20年以上前から読まれているホロスコープ本のベストセラーです。

著者はライターやエッセイストをしていた方なので、誰もが分かりやすい言葉や表現が多く説明が分かりやすいです。

初心者向けというのを徹底していて「ここは初心者は後回しにしてOK」とか「これは初心者でも押さえておきたい」とはっきり表現されているのも親切です。

情報が多く混乱しがちな占星術でも、しっかり道筋をつけて学びやすくなります。

あとマンガ部分もおもしろい。

気軽に学ぶのに最適な一冊です。

yuji「yujiの星読み語り」

人気ヒーラーさんの本です。

風の時代など現代の空気感も取り入れながら、今にあったホロスコープを紹介しています。

センスの良い星読みの解説もすばらしいです。

情報量も多くなく、はじめての方でも読みやすい。

文章が知的でクールな感じでハマる人は必ずハマります。

表紙のデザインもきれいで部屋に1冊あると気分が上がりますよ。

きんまん
きんまん
どれも読みやすくて初心者の方におすすめです

ホロスコープの勉強の難しさ

占いの中でもホロスコープはかなり難しく、挫折する人も多いです。

なぜ難しいのか、その理由をあげます。

これから独学を始める人は、知っておきましょう。

占星術特有の専門用語だらけ

ホロスコープには、独特の用語がたくさんあります。

サイン、単体、ハウス、トランジットなど…。

聞いてもピンとこないものばかり。

分からない言葉を調べるうちに、さらに分からない言葉がでてきて迷宮入りすることも。

天体の配置を描いたチャートもあり、これがまた情報量多すぎ。

占星術は昔の天文学がベースになっているので、数学とか理科の要素もちょろっとあり複雑です。

自分の読みやイメージが必要

さらに知識があるだけでは意味がなくて、要素を組み合わせてつなげるのがホロスコープの鑑定。

星の配置に意味を持たせて自分なりの解釈を持たないといけない、ということで難易度が一気に上がります。

しっかり鑑定するには、理解力、読解力、表現力といった総合的な実力が必要です。

占い師の技術が鑑定結果にもろに出る、できない人はとことんできない占術です。

アスペクトが難しすぎる

アスペクトとは、2つ以上の天体の位置関係によって表される角度のことです。

天体同士が影響し合うことで、新たな動きや関係が作られると考えられていて、読み解くとより複雑な行動パターンや人格が分かります。

微妙な角度の違いを理解し、法則を理解しなればいけません。

それでいて解釈が無数にあるので、難解すぎる。

きんまん
きんまん
でも最重要で外せないので、ホロスコープの最大の山場と言われています

ホロスコープ勉強のコツ

ホロスコープの難しさを説明しましたが、効率よく学んでいくポイントを紹介します。

難しさを乗り越えるためのコツをつかんでおきましょう。

勉強したことをノートにまとめる

ホロスコープは、図や表を書きまとめておくと理解しやすいです。

・ノートに図表を書く
・星の位置をイラスト化する
・表コピーして貼り付ける

文章ではなく、目で見てパッとわかるというのが大事。

また、学んだこと以外に自分の考えや鑑定結果を記録しておきましょう。

あとで情報が増えたり、書き足したりしたくなることが多いので、バインダータイプのノートで追加や差し替えられるものだと便利です。

占星術の軸を決める

歴史のある占術なので、色々な流派があります。

先生によって解釈の仕方はさまざまで、同じことでも全然ちがう!ということも。

幅広く知ることは大事ですが、いろんなやり方にふりまわされないように注意しましょう。

自分はここが合うなという感覚を大事にして、情報を選んでください。

プロの鑑定を受けて勉強する

実際に、ホロスコープの鑑定を受けてみるのもよい勉強になります。

独学ではわからなかった細かいニュアンスも、ロのやりとりを間近でみることで理解できますよ。

鑑定結果を公開しているプロの占い師の記事を、読み込むのも効果的です。

自分の読みと比べて違いを考えてみるのも面白いし、力がつきます。

まとめ、ホロスコープの独学は難しいけどやりがいアリ

ホロスコープの勉強方法で大事なことをまとめます。

・とにかく情報が多いのでノートで整理する
・色んな人の解釈を見て自分に合ったものを選ぶ
・自分や人を鑑定して実践力をみがく

この3つを軸に、学びを進めてください。

ホロスコープは、決まりや覚えることが多いのに自由度が高い占術だから難しい。

でも、クリエイティブな部分を前向きに捉えながら、自分の言葉で表現する機会を作っていけば上達するし、そこに楽しさがあります。

自信がないと言う人は、先にタロットやルノルマンなど他の占術を学んでからホロスコープへ進んでください。

占いを学ぼうとしたきっかけを大事に、あきらめず頑張って学んでみてほしいです。

そうすれば、1年後のあなたの運命はきっと変わります。

 
最後に、この記事を読んでくれたあなたに、特別なお知らせです。

感謝されながら富を引きよせ、副業占いで成功するノウハウ
プロ占い師を多数輩出! 渾身の無料講座が3週間毎日届く!
誰かに占いをするのは不安? このメルマガで自信あるプロに

期間限定のメルマガをお届けしています。
ぜひ、今すぐご登録ください。↓↓↓

きんまん無料メルマガに登録する